関連イベント

来館の記念に撮影はいかが?フォトスポット

松林図屏風

松林図屏風【しょうりんずびょうぶ】(綴【つづり】プロジェクトによる
高精細複製品【こうせいさいふくせいひん】)

原本:長谷川等伯【はせがわとうはく】筆
安土桃山時代・16世紀(複製:2008年製作)
原本・複製品ともに東京国立博物館所蔵

長谷川等伯筆「松林図屏風」(高精細複製品)が露出展示で登場!

展示期間
平成29年10月12日(木)~11月26日(日)
会場
九州国立博物館4階文化交流展示 第9室
※入場には、特別展チケットもしくは文化交流展示室観覧料が必要です。

【ブックオカ タイアップ】有料(要予約)星野博美さんトーク

「キリシタンの世紀と殉教の記憶をめぐって」
『みんな彗星を見ていた ~私的キリシタン探訪記』が話題となった星野博美さんをお招きし、 長崎・五島でのキリシタン文化との出会いや、殉教者達の故郷を訪ねたスペインへの旅まで たっぷり語っていただきます!

日時
平成29年11月11日(土)14時00分~
会場
九州国立博物館1階研修室
料金
一般1,500円、学生1,000円
予約
予約フォームからご応募ください
主催
ブックオカ2017
お問合せ
忘羊社:092-406-2036info@bookuoka.com

リレー講座大航海時代の世界と日本

会場
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員
280名(事前申込不要、当日受付)
料金
無料 ※本展観覧券もしくは半券の提示が必要です。
  • 第1回
    日時
    10月21日(土) 午後2時~3時30分
    講師
    鷲頭 桂(当館主任研究員) 「南蛮美術とビオンボ」
    酒井田 千明(当館研究員) 「陶磁器に見る文化交流─大航海時代がもたらしたもの」
  • 第2回
    日時
    10月28日(土) 午後2時~3時30分
    講師
    松浦 晃佑(当館研究員) 「諸史料に見る『安土城図屏風』」
    伊藤 嘉章(当館副館長) 「桃山の茶陶─茶碗を中心に─」

特別展示黄金の茶室

黄金の茶室

秀吉の美の極致、豪華絢爛な「黄金の茶室」
(復元品・京都市蔵)が九博に登場!

展示期間
10月13日(金)~11月26日(日)
会場
九州国立博物館1階エントランスホール

直木賞作家 安部龍太郎氏 講演会天下人と大航海時代(終了しました)

黄金の茶室

「戦国時代は日本が初めてヨーロッパと出会ったグローバル化の時代である。そのためにどんな変化や問題が起こり、信長、秀吉、家康ら天下人はどう対応しようとしたのか。新たな視点で話をさせていただきたい」(安部氏からのメッセージ)

日時
10月15日(日) 午後1時30分〜3時
会場
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員
280名(要事前申込)/申込締切:9月22日(金)必着
料金
無料 ※聴講券の提出と本展観覧券もしくは半券の提示が必要です。
安部龍太郎氏 プロフィール

福岡県八女市出身。1990年に『血の日本史』でデビュー。
2013年、長谷川等伯の生涯を描いた長編時代小説『等伯』で第148回直木賞を受賞。
近著『おんなの城』、『家康 自立篇』、『半島をゆく』(藤田達生と共著)など多数。

応募方法

往復はがきに、郵便番号、住所、全員の氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数(1通につき最大2名まで受付可)を明記のうえ、下記宛にお申込みください。

〒810-0001 
福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞イベントサービス内「新・桃山展」係

  • ※往信用裏面/上記必要事項をご記入ください。返信用表面/郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
  • ※2名でご応募される場合は、それぞれの氏名を明記してください。
  • ※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • ※当選者の発表は聴講券の発送をもってかえさせていただきます。
  • ※ご応募の際にいただいた個人情報は、本イベントの連絡にのみ使用させていただきます。
  • ※6月1日に往復はがきの料金が104円から124円に引き上げられました。旧料金の往復はがき(計104円額面)を投函される場合、往信用・返信用はがきそれぞれに10円分の切手を追加で貼り付けてください。

国指定重要無形民俗文化財幸若舞「敦盛」披露(終了しました)

幸若舞「敦盛」

「人間五十年~」で知られ、
信長が舞ったとされる幸若舞の「敦盛」を九博で上演!

日時
10月14日(土) 午後5時30分~
会場
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員
280名(事前申込不要/先着順)
料金
無料 ※本展観覧券もしくは半券の提示が必要です。
出演
幸若舞保存会(福岡県みやま市)