主な作品紹介

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康
天下人の視点で辿る
日本美術と文化交流の歴史

中国船に乗ったポルトガル人が日本に鉄砲を伝えた一五四三年(または一五四二年)から、徳川幕府が「鎖国」を完成させた一六三九年までの約一世紀。この時代は、日本がヨーロッパやアジアの各地域と、さまざまなかたちで積極的に交流した時期でもありました。 本展覧会では、目まぐるしく変化する時勢と、世界規模の人・モノの往来に対して、異なる外交政策をとった三人の天下人
― 織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康 ―
を案内役にすえ、交流の歴史と名宝の数々を、新たな視点で見つめなおします。

第一章アジアの海と信長の覇権

  • 日本にキリスト教を伝えた聖人 聖フランシスコ・ザビエル像 日本にキリスト教を伝えた聖人 聖フランシスコ・ザビエル像

    重要文化財

    聖フランシスコ・ザビエル像江戸時代 17世紀 兵庫・神戸市立博物館
  • 地球は丸い!戦国日本に伝わったヨーロッパの最新知識 イタリア製古地球儀 地球は丸い!戦国日本に伝わったヨーロッパの最新知識 イタリア製古地球儀
    イタリア製古地球儀イタリア 16世紀 京都大学総合博物館
    [展示期間 11/14~11/26]
  • インドから舶載された室町将軍家ゆかりの名器 南蛮毛織水指 インドから舶載された室町将軍家ゆかりの名器 南蛮毛織水指
    南蛮毛織水指インド 15~16世紀
    京都・野村美術館

第二章秀吉の世界への眼差し

豊臣秀吉像

豊臣秀吉像(部分)
弓箴善疆賛 安土桃山時代
1601年(慶長6)賛
京都・高台寺
[ 展示期間 10/14~11/5]

  • 荒木村重を魅了し、利休や家康に伝わった大名物 染付唐草文茶碗 銘 荒木 荒木村重を魅了し、利休や家康に伝わった大名物 染付唐草文茶碗 銘 荒木
    染付唐草文茶碗 銘 荒木中国・明時代 16世紀 愛知・徳川美術館
    ©徳川美術館イメージアーカイブ/ DNPartcom
  • 幻の南蛮屏風、約八〇年ぶりの公開 南蛮屏風 幻の南蛮屏風、約八〇年ぶりの公開 南蛮屏風
    南蛮屏風(上:右隻、下:左隻)狩野内膳筆
    安土桃山~江戸時代 16~17世紀
    [展示期間 10/14~10/29]

第三章徳川幕府と「鎖国」への道

徳川家康像

徳川家康像(部分)
伝小野通女筆・源誉存応賛
江戸時代 17世紀
東京・大養寺

  • 家康お抱えの名工による南蛮鉄使用の傑作 刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸越前康継慶長十九年八月吉日 家康お抱えの名工による南蛮鉄使用の傑作 刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸越前康継慶長十九年八月吉日

    重要文化財

    刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸越前康継
    慶長十九年八月吉日越前康継作 江戸時代 1614年(慶長19) 愛知・徳川美術館
    ©徳川美術館イメージアーカイブ/ DNPartcom
  • ヨーロッパに渡った南蛮漆器の名品 花鳥蒔絵螺鈿聖龕 ヨーロッパに渡った南蛮漆器の名品 花鳥蒔絵螺鈿聖龕

    重要文化財

    花鳥蒔絵螺鈿聖龕安土桃山~江戸時代 16~17世紀
    九州国立博物館
  • 臼杵に漂着したオランダ船の船尾像 エラスムス像 臼杵に漂着したオランダ船の船尾像 エラスムス像

    重要文化財

    エラスムス像
    ネーデルラント連邦共和国時代・1598年
    栃木・龍江院
  • オスマン帝国vsカトリック教国の海戦を描いた江戸初期の屏風 レパント戦闘図屏風 オスマン帝国vsカトリック教国の海戦を描いた江戸初期の屏風 レパント戦闘図屏風

    重要文化財

    レパント戦闘図・世界地図屏風江戸時代 17世紀 兵庫・香雪美術館
    [展示期間 10/31~11/12]

第四章エピローグ

  • 大洪水図屏風 大洪水図屏風
    Colección Museo Soumaya. Fundación Carlos Slim, A.C./México City, México 大洪水図屏風中国(マカオ) 17世紀末~18世紀前半 メキシコ・ソウマヤ美術館
    [展示期間 通期]

    旧約聖書『創世記』に記される、ノアの箱舟の物語を描く。長崎との間の定期交易船が途絶えた17世紀末のマカオで制作されたとされる。
    金雲の表現や表装に日本の屏風との類似点が見出せる。唐獅子からじしや鳳凰ほうおうなどの東洋的なモチーフも多い。

  • キリスト教説話図屏風 キリスト教説話図屏風
    © Hugo Maertens/BNP Paribas/Fundação Oriente, Museu do Oriente, Lisbon, Portugal キリスト教説話図屏風中国(マカオ) 17世紀末~18世紀前半 ポルトガル・東方基金/オリエント美術館
    [展示期間 通期]

    主にヨーロッパへ輸出するために中国南部で作られた「コロマンデル屏風」に、聖書の逸話などを描いた8枚の油彩画をはめ込んだ作品。
    1584年にアントウェルペン(ベルギー)で制作された銅版画が、1606年に中国で刊行された『程氏墨苑』に模刻され、
    さらに本屏風にも写されたか。東西の図像の伝播が辿れる稀有な作例。

  •  ローマ皇帝図屏風2  ローマ皇帝図屏風2
    Colección Museo Soumaya. Fundación Carlos Slim, A.C./México City, México ローマ皇帝図屏風伝ベルナルド・ロドリゲス画 エクアドル(キト) 18世紀末 メキシコ・ソウマヤ美術館
    [展示期間 通期]

    18世紀、スペイン植民地だったエクアドルの画家が制作したと伝えられる。
    この屏風は、日本のセミナリオの画家たちも手本にした『古代ローマ皇帝図集』の挿絵などにもとづいて描かれている。
    日本の「泰西王侯騎馬図」と直接的な影響関係はないが、構図、主題の類似は注目に値する。

天下人も愛した
桃山美術の名品が集結

  • 画面に横溢する生命への賛歌 花鳥図襖 画面に横溢する生命への賛歌 花鳥図襖

    国宝

    花鳥図襖狩野永徳筆
    室町~安土桃山時代 16世紀
    京都・聚光院 [展示期間 10/14〜11/12]
  • 天下人の心を掴んだ、圧倒的な存在感 大洪水図屏風 天下人の心を掴んだ、圧倒的な存在感 大洪水図屏風

    国宝

    檜図屏風狩野永徳筆
    安土桃山時代 1590年(天正18)
    東京国立博物館 [展示期間 11/14~11/26]
  • 日本水墨画の到達点 大洪水図屏風 日本水墨画の到達点 大洪水図屏風

    国宝

    松林図屏風長谷川等伯筆
    安土桃山時代 16世紀
    東京国立博物館 [展示期間 11/14~11/26]